ちっちゃな種が暮らしいい。

phase-45「ありがとう、ジブリール。…そして、さようならだ」

議長、おめでとう! 全ては君の手の内だ! 崩壊するのは目に見えているがな! その椅子で笑ってくれると、物凄く嬉しいよ!
レイ、ドラグーンいいぞドラグーン! 宇宙戦の醍醐味、ありがとう! 相変わらず君も黒いがな!
シン……よく考えたら今回、レクイエムを落としたのはルナマリアで、ジブリールを落としたのはレイですが………主役、だろ? 頑張れよ!



第45話、「変革の序曲」。
前回長くなりすぎて懲りたので、今回は短め短めにしてみます。(できるのか?)




アバンは前回の続き、レクイエムを撃たれて大混乱するプラントから。
「市内はどこもパニック状態です!」と泣き叫ぶ部下(多分評議員?)に議長が言い放つ。
「分かっている、だがそれを収めるのが仕事だろう! 泣き言を言うな」
仕事の際に泣き言を言う奴って見苦しいですよね。泣き言言って何か事態が前向いて進みますか。仕事しろ仕事。
レクイエムの第2射が撃たれようとする中、議長は更に檄を飛ばす。
「ともかく救助を」
「それも分かってはいるが、そうしている間に二射目を討たれたらどうする!」
「停戦手段などは…!」
「停戦? 相手は国家ではないのだぞ。テロリストとどんな交渉ができるというんだね。力に屈服しろというのか!」
今となっては蓋し名言というべきか定説と言うべきか、最近のあらゆる国家のお言葉だ。まあ実質ジブリールと停戦交渉などありえませんがね。


OP、前々回で変わるかなと思った通りにアカツキカットに名無し男がきていた。予想まんまだよ。下手な予想も数打ちゃ当たるってか。
もうドラグーン対決なり因縁対決なりガシガシやってくれ、レイ。今はそれだけが楽しみだよ。
とはいえ、アカツキの反射率と相手の不死身度合いでは君の苦戦も見えてはいるがな。…それが残念だ。
では次に変わるカットを予想してみましょうか。シンとレイがデストロイを背景に向き合うカット、デストロイが議長になる! …そんな莫迦な。あそこはMSの定位置なんだが…議長の乗るMSが思いつきませんで。



AAではカガリが乗っていったアカツキを収容中。その他機体の調整作業をアスランとメイリンも担当。裏切り者は一般兵から始めてみよう、そんな感じですかね。…てか、アスラン全快に近い感じなんですが早すぎやしませんか。インフィニットジャスティスで気を失ってたのはアレはポーズですかそうですか。
プラント崩壊にも動じる気配を見せないキラがやってきて、アスランを手伝っていく。
「もどかしいね、今は何もできないって分かってはいてもさ」
いや、あんたはちっとももどかしくなんか思ってませんから! オーブの危急には起つのにそれ以外ならどうでもいいんだよな君は! 全く、己の言葉を己に向けてみろってんだ、『他の国はどうでもいいの?』だよ全くな!
思えばミネルバがオーブ領海近くでオーブ軍と連合軍に挟まれ、供え物にされて苦戦していたときから、君は既に他人事だった。誰かが泣いてる、だがその原因を何とかしようとする気は微塵もない。
人間として、本当にそれでいいのですかねキラ君?



宇宙へ上がったミネルバへ、次なる目標が示される。ミネルバ単独でダイダロス基地を落とせというものだ。
にしても、メサイアの議長室はストレートなラスボス臭がする。周囲をぐるりと兵と端末に取り巻かせ、それらに出させた映像が空間を覆い、玉座にも似た椅子に座る議長は居ながらにして世界を把握できるという仕組み。個人的には結構好きですがね、この議長室。議長の背景が宇宙なのも素敵ですよ。…しかしここにまでチェスを用意させるとは。白のキングに自らを準えているのだろうその駒の近くに、ナイトが守るように2つ。
示された特命にアーサーが相変わらず驚いてくれる。いやもう、驚いていないとアーサーじゃない気分がする。最終話までに、一人で艦を担えるように…はならないだろうな。何せアーサーですから。
特命を聞いたレイは驚きもせず、事態を分析してみせる。
「確かにここからではダイダロス基地の方が近い、そういう判断でしょう」
議長のお考えならば先刻承知済みといった態度で、それにタリアが返す言葉が表面上は普通だが内心酷く怒っているようで怖い。この二人、表面上は普通に作戦のことを話しているようで、タリアは議長の手先であるレイに苛立ち、レイはタリアに銃口を突きつけて見張っているようだ。
「ええ、あれのパワーチャージサイクルが分からない以上、問題は時間、ということになるわ。駆けつけたところで間に合わなければ、何の意味もないものね」
「敵が月艦隊に意識を向けているのなら、上手くゆけば陽動で奇襲になるということですね」
「そういうことよ」
てか、ハナから議長の意図だろ! とタリアの顔が言っている。
やってらんないよねタリアさん。それでもプラントを守るためにはその通りに動かざるを得ない。
ふと浮かぶ、タリアさんと子ども。子どもがいたのか。29話に出てきた結婚相手に、少し似ているか。この子は今どうしているのだろう…ミネルバが動き出した当初はこんなに長く帰らぬとは思っても見なかったろうに。
だがこの写真、結婚相手が映っていないということは、既に母子家庭なのかもしれないな。まあ子どもが欲しいという理由での結婚だ、破綻する原因は伴ってはいる。
タリアにとってプラントを守ることは、子どもを守ることであるのだろう。是非生き抜いてほしい。



ミーア! 何故水着! 月面都市コペルニクスって、そこはリゾートですか!
浮かない顔して、そうだよな。死刑宣告されたに等しいんだから。
だがここなら人に見つからないとでも? どうなんでしょうかね。


レクイエムが着々と第二射への準備を固める中、レイはシンとルナマリアに作戦説明。レイの口調が一貫して冷たい。もうラウが憑依しているとしか。
「第二射までに、月艦隊が第1中継点を落とせれば、かろうじてプラントは撃たれない。だが奴らのチャージの方が早ければ、艦隊もろとも薙ぎ払われるぞ。トリガーを握っているのがそういう奴だということは、知っているな」
「ああ、わかってるさ、全ての元凶はあいつだ。ロード・ジブリール」
そう言われてへこむルナマリア。
「…あたしが、オーブで撃ててれば」
「ルナのせいじゃない。悪いのは匿ったオーブだ。そんなふうに言うなよ

ルナマリアを庇ったシンをちらりと見て、レイが冷たく言い放つ。
「何であれ、時は戻らない。そう思うのなら同じ轍を踏むなということだな」
どうしてですかね、この台詞が29話のラウに重なった。「こんなはずではなかったと、だから時よ戻れと祈りが届くことか?」……ううむ。彼らは一瞬一瞬の貴重さを知っている人たちなのだろう。余命が短く、成し遂げたいものがある時、人は過つ暇などない。
「レイ!」
「わかってるわ」
「そうさ、プラントも月艦隊ももう絶対に撃たせやしないからな」
「…では作戦を話そう」
ここまで彼らの士気を高めるための前振りでしたか。お疲れ様、レイ。しっかしルナにとは、また大役を任せたものだね。的が小さければ外す可能性は高いが、これだけ大きければ大丈夫だと? まあルナマリアに任せたらシンが恐らく手助けに行くだろうからということか。逆にしたらシンがレクイエム本体を狙うのがお留守になりそうだし。


レクイエムの稼働率が50%に。
「今まで誰にもできなかったことを私は成し遂げる! 歴史は漸く糺されるのだ、あと数時間で!」
そう言った者が破綻する法則に、ジブリールは素直に嵌っていく訳だ。


作戦打ち合わせを終えて、レイがルナマリアに。
「ではいいなルナマリア、タイミングを誤るなよ。…俺たちも可能な限り援護はする、だが基本的には当てにするな。すれば余計な隙ができる」
まあそうでも言っておかないと、何せルナマリアですから。
シンが「レイ!」と非難の声を上げるが、ルナマリアは煽られたか、
「分かってるわ、ご心配なく」と憤懣やるかたない声。
「では行こう、今度こそ失敗は許されないぞ」
そう言って行こうとするレイ。続こうとしたシンをルナマリアが呼び止める。二人きりになろうよ、と。ついでにひどくレイを睨む…ああはいはい。
それを見たレイは、やれやれ、といった風情で一声掛けて先に行く。
「…急げよ」
うへ。レイ、怖いって! まあ彼らには必要だろ、出陣の前に少しでいいから二人きりになれる時間が。それが志気にも多分関わる。…恋愛至上主義なガキとはつきあってられませんわな、全く。

残ったルナマリアはシンと抱き合ってくるくる回る。
いいなあ、重力が少ない空間って。あのあと絶対壁にぶつかって、ルナマリアの頭にたんこぶができるのが分かっていても、生きている限り一度でいいから宇宙に出てやってみたい。宇宙飛行士の免許を取るには既に不適格だがな…。
「大丈夫だ。ルナも艦もプラントも、みんな俺が守る。絶対に」
…………待て! それはルナマリアとミネルバへの死亡宣告だぞシン!
お前が守るって言った日には碌なことがないんだ、守る言うな!


さて、漸くミネルバの機影に気が付いたジブリールは大慌て。「距離50!」てどんだけ近いよ。オーブ攻略時でさえ距離200とかだったような。
「ミネルバだと! 馬鹿者、何故今まで気付かなかったのだ!」
申し訳ありません、演出と脚本上の単純なる都合です。あの大きさを見逃すなんてぶっちゃけあり得ない。兵は悪くありません。叱らないでやってくだされ。
ダイダロス基地は上を下への大騒ぎ。
宇宙ではやはり、レジェンドが威力を発揮。ドラグーンっていいものですねえ。


その様子を聞いた議長。…あんた今、後ろにふんぞり返って半分寝てたろ? どんだけ余裕なんだ全く。
「そうか、来てくれたか。彼らに期待して祈ろう」
いや待て待て。あんたがわざわざミネルバをこのタイミングで宇宙に上げ、そしてダイダロスを攻撃させたんだろう? 流石は「議長期待のミネルバ」だ、艦船一つで議長の意志を体現していく訳か。昔の女、育てたクローン(暫定)、種持ち、彼らの舞台をつくらんがためにしているのではとさえ思えてくる。
「戦闘の情報は随時市内へ流してくれ、ありのままを全て。コロニーで戦う彼らのことも」
「いや、しかしそれでは」
「大丈夫だ、混乱など起きやしないよ。
皆知りたいはずだ、自分の運命、その行く末を。
そしてその権利もあるはずだ」
映像を見ているミーアの、ぽんやりした様子にちょっと萌え。
犬と一緒に月を見上げる、コニールにも萌え。
しかし何よりも、嬉しそうに「権利もある」という議長の表情に更に萌え。
ミネルバによって戦況が逆転し塗り替えられザフトの圧倒的勝利に収まる様を、プラント市民が知ることで混乱が寧ろ収まると議長は言う。確かにその通りで、そのようにして被害が及ばなくなることを知れば市民は落ち着く。情報はありのままである方がよい。日米戦で日本軍は検閲の元嘘の勝利情報を流して市民を混乱させたが、生活に響く情勢と戦勝情報の食い違いは、信頼をなくさせるだけだ。
人は、運命を変えられなくても、少なくとも知りたいと思い、また知る権利はあるのだと議長は言う。
それが誰かの手の内にある運命だとしても。


デストロイがまたも出てくる。……いやもうそれは出すだけ無駄ですから!
デスティニーもレジェンドも、あっさりとデストロイを撃破していく。ドラグーンのピュンピュンいう音に(宇宙だから音など聞こえるはずはないのだが)釘付けになったのは内緒。
一方、ルナマリアもちゃんと目標に向かって進んでいた。途中でちゃんとシンがフォローにはいる。この辺りも計算の内ですか、レイ。


ジブリールはフルパワーでないままレクイエムを撃とうとする。しかしザフト月艦隊が中継コロニーにダメージを喰らわせたため、撃ってもプラントに届かないことが発覚。…ええと、そのまま撃つとどっちへ向かうことになるんですかね。満月の夜の月の裏側から撃つってことは、真っ直ぐ外宇宙へ向かって? まあその方が迷惑が掛からなくていいか。
「私が生きてさえいればまだいくらでも道はある!」
ジブリール、せめて君が世界からどう見られるかを少なくとも議長並みに考えてくれる位置のキャラだったならと思うと勿体ない。
レクイエム第二射を撃つ間に逃亡しようとするジブリール…いかん、小物感が漂いすぎている。


ルナマリアはダイダロス内部へと潜行、撃たれる寸前のレクイエムへ辿り着く。一方シンとレイは基地司令部へ…行ったと思ったら、レイは凄い顔で待機してましたよ。……知っていたのか基地の構造を? まあこの人は何を知っていても不思議じゃないですがね。
ジブリールは懐かしのガーティ・ルーにイアンと乗っていた。猫が見あたらないんですが…?
基地から脱出しようとしたジブリールの、目前に現れたレジェンド。はっきりと網を張って待ちかまえていた感のあるレイは、容赦なくドラグーンを叩き込む。……強い。こんな強かったっけ君?
レイが最初のドラグーンを叩き込んだその瞬間、なんと議長が、はっきりと口角を上げて、黒く微笑んだ。…計算済みか! ここまで計画の内だというのか、議長! ああ、もうあんた真っ黒だよ黒すぎて手も足も出ないよ!
「ありがとう、ジブリール。…そして、さようならだ」
ありがとうとは、勿論、議長の壮大な計画に意図せざるとはいえ乗ってくれ、ロゴスという悪役を演じきってくれ、そして世界統一という議長の覇道を王道にしてくれた、という意味だ。実際、ジブリールのような役割を誰かが演じねば、議長の計画は絵に描いた餅で終わっていただろう。
役割を終えた駒が自分を危うくする前に手を打つ、それも含めて全て議長の計画の内だ。………ああ。



激戦中の月を、暢気に地球から見ていたAA。その激戦の一端に自分たちの責任があると、思っても見ないようだ。流れた血が己の責任だと、考えもしない者の言葉はあまりに軽く、虚しい。
「それなら何も起きないし、こんな戦争も起きない。でも僕は嫌だ」
「俺も嫌だ」
「これって我儘?」
ある意味彼らは前作の否定ではあるのかもしれないと思う。戦争という愚かな行為を寧ろ全力で肯定する面で。戦争こそが人類の前進力だと?
「みんなの夢が同じだといいのにね」
同じとは何か。それは皆一つの夢しか見ない、ユートピアでしかないのではないか。それは議長の描く、人と人との相克を止揚した世界の末にあるものと、実はある意味通底しているのではないだろうか。議長を否定する、その彼らにしてこれとはどういうことか。
………AAの求める世界も正義ではない。つくづく、思う。吐き気がするほどに。


翌朝、カガリを迎えてAAは出発式を挙行。
AAといいながら、旧タケミカヅチ乗組員が何の違和感もなくAA側にいることに不思議を覚える。いや彼らは元からオーブ軍でしたから! 今更改めてオーブ軍に組み入れられるなんて可笑しいですから! カガリ、よく考えて見ろよ。
AAの一兵卒側にアスランとメイリンがいて、カガリの横にはキラやラクス、マリューに名無し男がいる。……いやもう、オーブ軍の扱いはよく分かったから。はっきり言おう、反吐が出るよ。キラ? あああのつい先日まで惰眠を貪っていたガキ? ラクス? ああ迷いながら宇宙でMS造らせてたガキ? は! それがアスランより優先なんだね、はっきりしてるよねオーブってさ! AAの優先順位は正直反吐が出るよ。准将だか何だか知らないが、軍隊組織を舐めきってるよ!
もっと酷いのは名無し男だ。その男、ロアノークという名前でオーブ軍務に就かせる気かね! 誰あろうその男の作戦のせいで、ダーダネルスでオーブ軍は辛酸をなめさせられたのではなかったのか? やめとけよ、カガリ。そんなことしてるからブルーコスモスに内通する軍人が出てくるんだよ。それが対外的にどういう効果を持つか、少なくともオーブ軍がどう受け止めるか、考えてみてもくれたまえ!
しかもAAはオーブ軍に組み入れられて、月面都市コペルニクスで情報収集と来たもんだ。は! 情報収集とは仮の名、実体は海外派兵だがな!
「オーブは、何より望みたいのは平和だが、だがそれは自由、自立での中でのことだ。屈服や従属は選ばない」
ではまず国の中で自由と自立を確立してから言ってくれたまえ。オーブに民主主義はないようですが? そして、責任の伴わない自由など放埒と同じですが? プラントを批判するのもいいが、自分たちの行動が今回のプラント一部崩壊を招いたのだということすら忘れたオーブがそれを言うのは情けなくはないですかね。

名無し男は「ロアノーク一佐」との名をいただいてアカツキを借り受ける。
せいぜいが、レイとの因縁を消化してくれ給え。ラウにしてやれなかったことをレイにはしてやれるのではないのかね? まあ所詮は名無し男だ、ドラグーン対決くらいが関の山かもしれぬがな!


アスランは、カガリの手から指輪が消えたのを見ている。
驚くキラとラクスに「いいんだ、今はこれで。焦らなくていい、夢は同じだ」と主張。
その確信が、ずっと君たちになかったものなのだ。
逆に、指輪というものに頼らなくなることで、それぞれが同志として道を歩めるということなのだろうと思う。少し前に踏み出せた、アスランとカガリに、おめでとうと言おう。

一方、カガリはメイリンを見つける。何故かツインテールとザフト服に戻っているメイリン…その格好でザフトと敵対しに行くんですかね君は。名無し男でさえオーブ軍服をもらったというのに…いやまあ。
「あいつ、頼むな。私は一緒にいけないから…無事を祈る」
頼まれてもねえ。いやいいけどさ。ま、カガリがオーブに残る選択をしただけ、誉めてやろうかと。

AA発進は、ラクスの指示の元で。
ああもう好きにしてくれ。


次週予告…………ハロって! いかん、最後の最後に大笑いした。
[PR]
by gil-mendel | 2005-08-28 13:24 | seed-destiny
<< lascia ch'i... phase-44-02 「未来... >>



議長至上主義。黒くて結構!
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
ガンダムSEED DES..
from Refuge
一週遅れなデステニ49話..
from 思うことを述べよ、煩悩を曝そう
GUNDAM SEED ..
from kasumidokiの日記
今日の『最後の力』
from プチおたく日記 vol.2
最後の力
from tune the rainbow
デステニ50話メモ
from 思うことを述べよ、煩悩を曝そう
最後の力
from ジブラルタル
高次可変領域
from 菅野重工業
機動戦士ガンダムSEED..
from 気になるフィギュア & ホビー
『機動戦士ガンダムSEE..
from 【T】 Tsukasa♪'s..
機動戦士ガンダムSEED..
from 木下クラブlog
GUNDAM SEED ..
from kasumidokiの日記
ガンダムSEED DES..
from Refuge
機動戦士ガンダムSEED..
from ~SoSeGu~
種運命第49話
from ピーサード様がみてる
種運命第49話
from ピーサード様がみてる
AA演出における自己感想..
from 虚弱体質な腐女子の日々
PHASE-48 「新世..
from 「舞い降りた剣」
今週のガンダムSEEDデ..
from アフィリエイトで目指すは月収..
GUNDAM SEED ..
from kasumidokiの日記
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧