ちっちゃな種が暮らしいい。

phase-43「お前は本当は、何が欲しかったんだぁっ!」

議長! 残念だったなラクスがオーブにいて!! 本気で驚く顔が見られて嬉しいよ! だが議長、さらに新たな手を打ってくれるんだろうな? でなきゃ存在価値がないぞ! てか、ミーアの放送をそこで入れるのは明らかに下の下の策だろ!
レイ! 声がラウかかってるぞ! しっかし、ラクス登場に何故君は平然としているのかね!
そしてアスラン、ここにきて漸くその為すべきことを為したか。シンを導くその役割、果たさねばこの物語が始まった意味がない。
シン! 今君に言えることは一つだけだ、頑張れ!
名無し男…。いい加減陳腐な台詞吐くのは止めんか! お前の記憶はその程度のものか!



第43話反撃の声。すっかり遅くなりました。




許可も得ずに発進していくアスラン。驚くマードック、止めようとするマリュー、行かせろと言うラクス。
アスラン…未だに「ザフトの坊主」なのだね。笑った。そうだな、マードックが一番真実を衝いているのかも知れない。アスランはAAのメンバーにとって、今だ確実にザフトの一員なのだ。だからAAとの連絡方法も教えなければ、エターナルの現存も知らせていなかった。それはアスランという人間を考えた場合正しい対処法ではあるが、何故だろう、何か寂しい。



ふとOPを見ながら、もしかしたらカガリとアカツキのカットがムウとアカツキに差し替えられるのかも知れないと思ったり。そうすればその直後にレイとレジェンドが来る理由も納得。…え? そんな尺はないって?




ムウ…いや名前を無くした男は、ミネルバの艦橋付近に一発喰らわせるも、スカイグラスパーのエンジンに被弾。
「降ろして…くれるか」
マリューさんがその声に艦を開かぬ訳はなく。
降りていくその中で、亡くしていた過去が鮮明な映像となってダブる。
いやいやいや、この程度のことで記憶が戻るなら、本当にずっと昔に戻ってるから! それとも何か、仮面に記憶埋め込み装置があったとでもいうのかよ!? まあピンポイントで記憶操作できる揺りかごがあるくらいだから、記憶操作可能な仮面があっても間違いじゃないか。…しっかしなあ。


シン・レイとキラの対決。
機体が変わればこうも強くなるものか、レイ。それともラスボス補正が掛かってきたということですかね。レジェンドで集中砲火を浴びせるのがいい感じ。前にも撃てるが後ろにも撃てる、と。便利じゃないですか。
キラはレジェンドの姿とその動きに、ラウを重ねる。…やはりトラウマなんですかね、キラにとってクルーゼは。
キラはシンを蹴り落とす。蹴りはあんたの標準戦闘方式ですなキラよ。
「今だシン、撃て!」
絶叫するレイ、ストライクフリーダムに照準を絞るシン、驚くキラ。そしてそこに、もう一つの絶叫が。
「やめろおぉーーっ!」
止めろと言われてあっさり退く、それがシンの素直さだと言えますかね。
己の手で殺したはずの男が新たな機体で飛来し、割って入る。
…いやそこでレイが何故あっさり上空に退いているのか分からないんですが。放置しとくんですか、アスランを?
「自分が今、何を討とうとしているのか、お前、本当に分かってるのか!戦争を無くす、そのためにロゴスを討つ、だからオーブを討つ。それが本当に、お前が望んだことか! だから討つしかないと、あの国に刃を向けることが!」
問われて回想するシン。…ああ、トダカを思いだしてくれて、良かった。シンの記憶の中に恩人として残っていてくれて、本当に良かった。
そしてアスランとのミネルバでの日々を回想するシン。そうだな、シンにとってアスランは、何だかんだ言って、よい上司だったのだ、と思う。シンを自分に重ねて、迷いながらでも半歩先を進んでくれるアスランは、シンにとって必要な存在だったのだと思う。
だが、アスラン!
君の言うことも分かるけど!(分かってない)
どうしてキラを撃つことがオーブを討つこととイコールなのだアスラン!
今シンが撃とうとしているのは、己の家族の仇であり戦場の攪乱者であるのに。
もしアスランが割って入ったのが、デスティニーとアカツキとの間ならまだアスランの言葉も分かるというものだ。だが、オーブを討たねばならなかったシンの絶望も、また分かってやって欲しいと思う。
そして何より、アスランの言葉はアスラン自身に一番深く返ってくるのだ。
戦争を無くす、そのためにザフトを討つ。それが本当に君が望んだことなのか、アスラン? だから討つしかないと、ザフトに刃を向けることが?
「思い出せシン! お前は本当は、何が欲しかったんだ!」
その言葉と共に回想する主体は、明らかにアスランだ。彼は思い出す、父を、カガリを、キラを。それは、ああ、アスランの欲しかった、もの。…己を殴り飛ばし撃った父がそこにある、それが、アスランという人間の絶叫なのだと思うと、切ない。
…何が欲しかったのかと、それはあんたも同じじゃないのかアスラン!
アスラン、あんたは本当は、何が欲しかったんだ!
……そう、アスラン自身に通底する問いだから、シンを自分に重ねるから、アスランはシンに問うのだと思う。
シンは問われて回想する、家族を、踊るステラを、死の間際ステラの胸元から零れた桜貝のペンダントを、力を失う手を。
シンの欲しかったものは、だが、アスランと大きく違う。アスランの欲しかったものの内多くは未だこの世にあり、立ち返ればそこにあるもの。だが、シンの欲しかったものは、もう全て、この世にないのだ。
個人として欲するべきものがもうこの世にない、それは人を、ある意味とても空虚にし、ある意味吹っ切らせもする。

アスランの問いかけに、レイの我慢の尾が切れる。
「死に損ないの裏切り者がぁ、何をノコノコと! 惑わされるな、シン!」
うっひょー! 言うねえレイ! しっかしキレると本当に口が悪いね、君は。
レイはシンとアスランの間に割って入り、アスランを、キラを撃つ。レイがキラの攻撃を防いだのを見てシンが助けに行こうとするが、更にアスランがそれを防ぐ。
「シン! オーブを撃っては駄目だ! お前が!」
…じゃあアスラン、君はザフトを撃たないと? ミネルバを撃たないと?
君の言葉でなかったら、裏切り者の言葉でなかったら、それはまた胸に響く言葉だったろうに。


ユウナはシェルターに連れ込まれようとして抵抗。後ろ手に縛られたまま、兵から逃げて行こうとしたところに、丁度上空でムラサメと交戦していたグフがやられて落ちてくる……え? え?
………グフが落ちてきたところにユウナがいた? 待て、まさかこれで死んだなんてこと、ないよな? 冗談だよな、ユウナをこんな殺し方してどうするよ! ユウナは生きてこそのキャラだろ? カガリが無駄に国家反逆罪に問うたことの意味を問い直してくれるはずじゃなかったのか? え?
………まあ、ユウナが生きていることによって生じる、カガリへの問題提起を、冗談のような死亡によってあっさり片付けた訳だ。こりゃカガリも成長しないよな。…虚しい。本当に虚しい。


キラはレイと、アスランはシンと交戦中。というより、アスランはシンを説得中。
「その怒りの、本当の訳も知らないまま、ただ戦っては駄目だ!」
オーブを愛している、だから裏切られたと思って自分の手で潰そうとする、そこに更なる本当の理由があるとすれば何だろう。
ただ戦っている訳じゃない。シンにはシンの、理由があるのだ。
「何を言っているんだ、あんたはぁーっ! 何も分かっていない癖に、裏切り者の癖に!」
シンはレイの言葉を自分の理由に紛れ込ませる。いや、レイが理由を提起しているといっていい。シンの当面の情動を操るのは、やはりレイだ。


「フリーダム!」
レイの言葉には怒りと怨みが満ちている。やはり彼には、怨みを抱くだけの個人的な理由があるのだろう。
種割れ状態のキラとほぼ互角に斬り結ぶ、レイ。


AAは隙を見て潜行。それを見てタリアは「潜られたらこちらに攻撃オプションはないわ」と言う。…え? 海戦装備を何も持ってないって? 嘘でしょう艦長! ミネルバは勿論地球上用の艦じゃないが、補給・補充はここまで来る間に色々できたはずですが? てか、いつか魚雷ぶっ放してなかったっけ? それともあれはあそこで尽きて、その後補充なし?
上昇するミネルバにAAは海中からバリアントを撃つ。およよ、当たるじゃん?


ジブリールはウナトらを待たずに月に上がることを決める。
まあここまでオーブ兵に自らを護衛させるための口実に過ぎなかったセイラン家同行だから、そうあってしかるべきだろうが。


シンはアスランと斬り結びながら回想する。
「悪夢はそれか」と語りかけたレイの声。
叙勲の際の言葉。
自分に問いかけるアスランを撃墜したときの風景。
そして、ステラの命が消える前にその唇から漏れた、「シン……好き…」そいう言葉、その眼から流れた涙。
フェイスに任命された際の議長の言葉、そして、レイの言葉「それは弱さだ。それでは何も守れない」を思い出して、追い詰められたように種割れする。
にもかかわらず、何をきっかけに種割れしたのかよく分からないアスランに一撃を食らってしまうシン。
……多分、種割れはより冷静である方がいいのだろう。シンの種割れは常に言葉に詰まるような状態で発生していた。AAに戻り己を見出した(という位置づけである)アスランに勝つのは、やはり難しかろう。
シンは「守る」という言葉に一番反応するのだろう。その意味で、レイの問いと助言は正しかったという訳だが。


タリアはザフト軍指令に一時の撤退を進言するが、聞き入れられないままAAの攻撃により指揮艦が轟沈。
……AAって本当に、不殺じゃないな。本気でそう思う。
ジブリールを引き渡すことに全力を使うならともかく、オーブ軍の一部としてより戦闘を広げることのみに腐心し、結局は両軍の死者を増やしているだけではないか。
この戦闘をもしも本気で招きたくなかったのなら、カガリを国外へ連れ出すことなぞせずに、オーブ国内で彼らに心寄せる政治勢力を育て、ウナトらを抑え、ジブリールが逃亡してこようとしたら拒否し、それでも国内へ侵入したのなら捕縛すべきではないか。…常識がないにもほどがある。


そうこうしている間にジブリールはセイラン家のシャトルで宇宙へ。
慌てたタリアは残っていたルナマリアに追わせて撃墜させようとする。
カガリはムラサメを向かわせる。……なあカガリよ。どうせならキラにも追わせておけよ。明らかにストライクフリーダムの方が速いだろ? まあその程度の目標だったということなのかな、君にとっては。いくら戦闘中だからって、オーブ国家元首であろうとする君には、それ相応の責任があるはずだろう?
…そしてルナマリアは暢気に合体して決めポーズまで取ってから追いかけるが、やはり射撃が苦手というルナマリアでは役に立たず、完全に取り逃す。………私が彼女の立場なら、辞表くらい書きますがね。「あ!」で済むことと済まないこととあるんだよ、全くな。


ところが、タリアの反応は以外に冷静だった。
「旗艦撃墜に伴いこれより本艦が指示を執る。信号弾撃て、一時撤退する!」
当然ここで驚いてくれるのはアーサー。「ってええ」とかいいなと思ったらすぐにこれかよ。やはり君はミネルバの癒しだね。
「か、艦長!」
「戦況はこちらに不利よ、彼も発見できない。これでは戦闘の継続は無意味だわ」
「し、しかし、それでは議長の!」
「議長の命じたのはジブリールの身柄の確保でしょう? オーブと戦えということではない!」
「…あ」
「MS帰投、全軍オーブ領域外へ一時撤退する!」
…タリアの様子を見るに、彼女が議長の言葉に疑念を持っているのは明らかだが、それ以上に、オーブと好んで戦いたくはないと思っている様子ではある。(別にこのまま進軍しても構わぬ訳だから)
最後にタリアがプラントを糺してくれるかというと、それは役柄的に少し無理なようではあるが、ザフトにしっかりと足場を置きながら疑念を持ってくれる、いいキャラだと思う。願わくば議長に撃たれませんように。

MS撤退の信号弾は万国共通なのだろう。あの光、ネオが時々打ってたのと同じだな。…それを見たレイの悔しそうな顔が印象的だった。落とせるものならこの場でストライクフリーダムを落としてしまいたかったろうから。……相手に主人公補正が掛かっている以上、無理なのだろうね。残念ながら。
信号弾を見ていたオーブでもカガリが「…グラディス艦長」と呟く。かつての恩を、忘れた訳ではない。
レイはシンに一声かけて先に帰投。無理に命令に背いてまでは、というあたり、レイらしいというべきか。
カガリはタリアの思いを感じ取ったか、追撃しないよう指示を出す。……てか、ここで追撃したらオーブは全世界からバッシングを受けるでしょうしな。

立ち去るシンを見ていたアスランは、緊張の糸が切れたか、気を失う。それと同じくMSも自由落下……待て! どこまで一体化してるんだ人とMSは!
もっとあんまりなのは自由落下を上回るスピードで追いついたキラだ! いくら性能が良くたってそりゃちと速すぎるんじゃありませんかね? 空気抵抗、という割には重そうだしなインフィニットジャスティス!
MSがMSを抱きかかえて去っていく姿は、もう視聴者を唖然とさせるためとしか思えない。


さて、オーブの被害はやはり相当なものがある。ザフトが市街地にはできるだけ影響させないよう努力したとは言っても、そこにオーブ軍がいる限り戦闘になる訳で。
カガリは唇を噛みながら被害状況を見つめる。……だがカガリ。結局は自分の力のなさが招いた事態だと、責任を持って国のトップにあった者ならまずそう思うよな? 1~10話あたりの自分を思い出せ。君が一体何をした、オーブで何ができたよ。なすべきことをなせず、国外へ連れ出されたことに甘んじ、そして政治ではなく戦場に介入して戦局を度々混乱させた。
今唇を噛んでみたところで、己の手の無力さを感じるだけだ。
平和は弛まず構築するものだ。政治家は、努力したからといって結果を為さなければ、何の意味もない。この被害状況を招いたのは、あくまでも言おう、カガリ自身だ。きついようだが、政治はあくまでも、結果だ。何故なら、国民の運命を、ひいては世界の人々の運命を、その結果が左右するのだから。
「外交ルートで今当てになる国など!」とカガリの背後で誰かが話している、それはそれだけの国交をカガリらオーブが結んでこなかったことの結果だ。プラントに直接話ができる、かつてそうだったオーブは今すっかり孤立し、道を閉ざされた。


AAに戻ったアスランは床に転がっている。キラがそのメットを取ってやると、左額部の傷が開いたのか、ひどく出血している。スーツの中にも所々血が。メイリンや整備士らが集まっている。
……だがラクスはそこにはいない。例えばアスランが死んでも、ラクスなら、出撃させたことを悔いたりはしないのだろう。それはそれで、ラクスらしいといえば言えるだろうか。
きっと私も悔いないだろうけれども。アスランはあそこで飛び立てねば、さらにぐちぐちと回想を続け、届けられなかった言葉で自分を埋め尽くし、出口を塞いでいくだけなのだ。それよりは、出撃させて自分の言葉で語らせた方が、余程大局的に意味がある。例えそこで死んでも。
よりよい結果のためにはアスランという駒を使い捨てることも構わぬ、それはラクスも議長もスタンスとして同じだ。


タリアは艦長室で議長に状況報告中。
「ではジブリールはそのシャトルに」
「確証はありませんが私はそう考えます」
「いずれにしても彼は捕らえられず、君たちはオーブに敗退した。そう言うことか」
「はい。…そういうことに、なります。
AA、フリーダム、そしてジャスティスと言って差し支えないでしょう、それらの参入によって状況は不利となり、その上、依然として彼が国内にいるという確証も得られませんでしたので。
あのまま戦っても、ただの消耗戦になるだけでした」
「そうか。いやありがとう、グラディス艦長。判断は適切だったと思うよ」
「いえ」
「シャトルの件についてはこちらで調べてみよう。オーブとは、何か別の交渉手段を考えるべきかな」
「私はそう考えます」
タリアはこの短い間に、「私はそう考えます」と2回も発言している。臨時の指揮官として、というよりも、タリア個人としての見解が多分に含まれた発言だと見て良いだろう。
タリアは常に、考えそして行動する人だ。議長に翻弄され、部下に翻弄され、AAに翻弄されながらも、自分が何をすべきか、為すべきことに含まれる価値とは何か、見据えている。彼女が良いのは、見据えるだけでなく、己の置かれた立場の中でそれに呑み込まれすぎずに、行動することだ。AAのような枠の超え方はしないが、常識のある大人としてできる最大限のことを、ミネルバ艦長という役割の中でやってくれる。
彼女は成長するタイプのキャラではないが、最後にきっと、我々を驚かせてくれるに違いない。恐らくは、良い意味で。


タリアとの通信を終えて何やら考える議長。
離れた部屋で窓の外を見遣るミーア。その目から落ちる涙は、アスランを思ってのものか、それとも自分の生死を思ってのものか。…ああ、泣いてる顔が綺麗だと、思う。


AAの甲板にて、夕暮れの海を見つめる名無し男。
そこにやってくるマリューさん。
とくれば、昼メロなんだな、やはり。
名無し男はネオとしての自分の記憶に自信がないと主張。…はあ。そうですか。
「いや、知ってるんだ。きっと俺の、眼や、耳や、腕や、…何かが」
だーかーら! もういいよ名無し男! 記憶は脳にのみ宿るんじゃないってか? それとも何か、フラガ家の特殊能力として、皮膚感覚の隅々までが広大に広がって、皮膚が脳を操りさえする状態になっていると?
アウルなんか死の間際までステラのこと思い出せなかったってのに、どうしてあんただけ死んで再生してしかも恋人と再会してるんだよ! 世の中不公平って言うより、あんただけあり得なさすぎるよ! あんたが生きてるならラウも生きてるよ!
……待て。もしかして本当に生きてるんじゃないだろうな、ラウが? そのための延々張られた伏線だったとでも?!? ……あり得ねーっ!


起き上がろうとするアスラン、駆け寄るメイリン。
「大丈夫ですか!」って、そりゃキラじゃないけど、アスランに言うべき台詞じゃないよな。というより、明らかに大丈夫じゃない人に「大丈夫ですか」と問うのは間違っている。
キラとラクスが現れるが、…もうこの二人がセットで現れる度にうんざりしてしまう。私は神が見たい訳でも神の使徒が見たい訳でもない。人間が見たいんだ人間が! まだアスランの方が人間らしくて好きだよ。年がら年中ぐるぐる回っているけどな。
キラが喋っている背景で、ミリアリアとノイマンがお茶をしているところにチャンドラが割り込む。それにムッとしたノイマンがおかしい。ノイマン…君が幸せであることを願うよ、本当に。前作からそういう面で恵まれてこなかったしね。
しかしキラ、「TV、点けていい? カガリが声明を出すんだ」って、わざわざ病室にまで来なくったってTVはいくらでもあるだろうよ! ま、アスランに見せるためなんだろうけどさ。だがアスランはカガリが出るというのに興味がなさげ。おいおい大丈夫か。


カガリが発するメッセージは、ほとんど意味が取れぬ内に、ミーアの演説に取って代わられる。カガリを見ている議長の顔が、やたらに悪人だ。
ミーアの横にある旗に意味がある。左に地球連合の、右にザフトの。これは、いずれもがミーアの後ろにいる、すなわちオーブは孤立したというメッセージだ。
ミーアにロゴス極悪論を唱えさせ、それを擁護したオーブを世界的に更に叩いて孤立化させ、議長はその様子を酒でも飲みながらモニターで見ていれば充分、という訳だ。…そうだな、それが成功すれば、だが。

メイリンが不思議そうに横のラクスとTVのラクスを見る横で、ラクスはキラを促して出ていく。こうなると予定されていた気に。
「大丈夫ですわ、キラ。私にも、もう迷いはありません」
……ああそうでしたね、あんたは迷いながらストライクフリーダムとインフィニットジャスティスを作らせてたんでしたね! ああとんでもない神だよ!
悟った二人が目を見交わせながら出ていく様は、全く、苛立たしいものだ。


ミーアの演説は、ラクスとキラの到着によって再びオーブの手に戻る。というよりはラクスの手に落ちる。
「その方の姿に惑わされないでください」
君の姿は僕に似ている、と、効果的に歌が重なる。
映ったラクスの姿は、確かにラクスの姿をしてはいて。
世界が動揺する中、少し眉をひそめただけのレイは、恐らくこのような事態も想定していたということなのだろう。議長の「……ん?」よりも君の方が驚きだよ、レイ。
今ひとつ解せぬのは、タリアが驚いていたことだ。ミーアの存在を知っていたと19話の様子で思ったのだが、とすると、タリアはラクスは死んだと思っていたということか?
議長が驚いたのは、恐らく未だエターナルにいるものと読んでいたからだろうが、しかしエターナルにいたって電波ジャックは為されうるのだから、そこまで驚くに値しないと思うのだがね。
「私は、ラクス・クラインです」
「……ばかな。何故彼女が、オーブに」
なあ、議長。寧ろカガリに演説させて、その破綻と矛盾を全世界に広めさせた方がよかったんじゃないんですかね? 折角相手が自分の無能と逃亡を全世界に曝してくれようというのだ、放置しておいた方が得策だったのでは?
大体、キラが出ていったら電波ジャックも取り返せるというのが酷い設定だ。ああそうでしたねあんたスーパーコーディネイターなんでしたね! は!
[PR]
by gil-mendel | 2005-08-17 20:55 | seed-destiny
<< phase-44「本物なら全て... phase-42「あれは亡霊だ」 >>



議長至上主義。黒くて結構!
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
ガンダムSEED DES..
from Refuge
一週遅れなデステニ49話..
from 思うことを述べよ、煩悩を曝そう
GUNDAM SEED ..
from kasumidokiの日記
今日の『最後の力』
from プチおたく日記 vol.2
最後の力
from tune the rainbow
デステニ50話メモ
from 思うことを述べよ、煩悩を曝そう
最後の力
from ジブラルタル
高次可変領域
from 菅野重工業
機動戦士ガンダムSEED..
from 気になるフィギュア & ホビー
『機動戦士ガンダムSEE..
from 【T】 Tsukasa♪'s..
機動戦士ガンダムSEED..
from 木下クラブlog
GUNDAM SEED ..
from kasumidokiの日記
ガンダムSEED DES..
from Refuge
機動戦士ガンダムSEED..
from ~SoSeGu~
種運命第49話
from ピーサード様がみてる
種運命第49話
from ピーサード様がみてる
AA演出における自己感想..
from 虚弱体質な腐女子の日々
PHASE-48 「新世..
from 「舞い降りた剣」
今週のガンダムSEEDデ..
from アフィリエイトで目指すは月収..
GUNDAM SEED ..
from kasumidokiの日記
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧