ちっちゃな種が暮らしいい。

phase-31「ただ祈って明日を待つだけだ、俺たちは皆」

議長! 本気で通常の処分でお願いします!!!!!! いや、ガキが増長してるから! てか、ポーンを進めてんじゃねえよ議長! ステラがデストロイに乗ることを見越してか? タリア艦長、是非議長の首をバズーカで一発やってくれ!
シン、無駄に増長してんじゃねえ! カッコ悪いだろーが! てか無駄に人を信じすぎ! 他に信じるべき人間がいるだろ? お前の主張が通じたんじゃなくて単に議長の手駒なだけじゃねえか莫迦!
レイ、あんたも実は薄命なのか? そうなのか? つうか悟りすぎだよ…早死にするぞ、そんなんじゃ。てか、実はアスランが嫌い?
マリューさん、折角の回想なのに、その相手はまだ存命していて世界を焼き尽くそうとしているなんて…気の毒だ…。
アスラン、わざわざ営倉にまで来て、他に言うことあるんじゃねえの? ただ行動すればいいってもんじゃないだろうに。
そして今回一番株を上げたのは実はカガリ。演説、なんだかんだ言ったって格好良かったよ! だが、全ては行動と結果によって判断される。これからに期待してるよ、カガリ。


第31話「明けない夜」。どこにも解などないのかも知れなくて、駒たちはより愚鈍に或いは前だけを見つめて、盤の上を決められた道とは知らず見えずに祈りながら歩いていくしかないのか。


アバンは先週の復習から。レイが強い(笑)…あれ? レイ、先週警備兵を殴り倒す前にそこにいたか? むう、過去はこのようにして書き換えられていくものなのだな…。てか、確かに先週いた位置よりも今週いた位置の方が密かにつけてきていたなら妥当だけど…こういう時にこそ「終わったことは終わったこと」だと言ってほしいね。全く。


シンが帰投して捕縛されるところから今週は始まる。艦長室に連行されていくとその前にアスランとルナマリアが。この二人、何かを話し合っていたという雰囲気ではなく…、時が時なら話すべき話題があっただろうに。


「覚悟はできている、とでも言いたげな顔ね」
いや艦長、明らかに謀反顔ですから! 覚悟のできている奴はこんな顔しない、もっと表情が静かなはずです。作画が間違いなのか艦長に人を見る目がないのか…どっちだ。
即刻銃殺でもよさそうなものだがとりあえずシンに理由を尋ねてみるタリア。そんな丁寧に扱ってやる必要ないですよ艦長。
なのにシンには聞く耳がなく、「艦長もそれはご存じだったと思いますが?」とか「艦長たちだって同じですこれじゃあ!」とか、感情論で反抗。ガキですね全く。
当然タリアは激怒。「シン、口を!」と言いかけたアーサーを手で制して(いやもうアーサーが気の毒(笑))、「だからって、あなたのやったことが認められる訳ではないわ」と突っぱねる。
「この件は司令部に報告せざるを得ないわ」とタリアが言う、そのタリアの心労も考えてみたことすらなさそうなシン。
…やってらんないよね、全く。議長の密命は頭越しにレイに下るし、シンは先のことどころか艦全体のことなど考えても見ないようだし、アスランは無駄に落ち込んでるし、ルナマリアは役立たずだし…。艦ごと処分されることも考えてくれ給えよ、シン。
ま、シンを平手打ちして済むものなら叩きたいわな。代わりに机を叩いてみるタリアさんだが…それはやはり、大人げないかもですよ。


営倉はレイとシンが壁一枚を隔てた格子の中。格子が妙に広くて、多分あれなら余裕で抜け出せるような気がする。
「ごめん」と謝ったシンにレイが言う、「何がだ」と。「お前に詫びてもらう理由などない、俺は俺で勝手にやったことだ。……無事に返せたのか?」「うん」「なら、よかったな」「ありがとう」
シンはレイに対しては一目置いているのだろうと思う。この実力主義者が何故?と不思議にも思うが。「気にするな、俺は気にしていない。お前の言ったことも正しい」とか「何にせよお前が艦を守った」とか、シンを肯定してくれるからなのだろうか。
さて、レイは果たして、本当に「勝手にやった」のだろうか。勿論ここではシンに謝られる筋合いはないよという意味で言われている言葉だが、妙に引っかかるものを感じる。

そこへアスランが現れる。営倉なら、鍵くらい掛けとけよザフト兵! そんなんだから殴られて速攻気絶したりするんだよ!
「彼女のこと、君がそんなに思い詰めてたとは思わなくて」と言うアスランに物凄く素っ気なくシンが言う。「ああ、別にそんな思い詰めてたって訳じゃありませんけど。ただいやだと思っただけですよ」
うへえ。
正直、ここでアスランがちゃんとハイネを殺したのが誰かを思いだしてくれるとは思っていなかった。てか、もう1話前にしておくべき回想だと思いますが如何?
「彼女は返すべきじゃなかったのかも知れない」とアスラン。…未来を知っていればそういう回答もまた然りなんだが、。
シンが「分かってて軍に入った俺たちとは違います!」と言ったときの、レイの表情が厳しいのが気に掛かった。生い立ちは自分のせいじゃない、けれど軍に入ったのはレイにとっては自らの選択なのだろう。生き方を議長に委ねているにしても。
シンはネオの「約束」を信じている。落ち着いて考えれば、今までステラを運用していた側なのだし、ステラの生命維持機能が軍に頼りっきりなのだから、地球軍と離れてはステラが生きていられないだろうことくらい、分かったって不思議じゃないのだが。
シンとアスランの口論を冷たく収めたのは、レイだった。
「シン、もう止めろ。アスランももういいでしょう。今そんな話をしたって何もならない」
「レイ」
「終わったことは終わったことで、先のことは分からない。どちらも無意味です。ただ祈って明日を待つだけだ、俺たちは皆」
……レイは、知っていたのではないだろうかと、思う。デストロイが地球軍で開発されていること、ステラがそのパイロットに適していることを。戻したとてそれに乗るしかないことを。
それでもシンを行かせてやったのなら、レイは……。


シンのデータを見ている議長。シンと一緒に表示されているMSはインパルス、地図は…どこだ。その机の上には白のポーンとナイトの駒が。位置からして、シンに重ねられているのはポーンのよう。すると、ナイトはアスラン…? 大穴でレイとか。
議長は比較的無表情でPCに向かっているのに対し、タリアは相当な怒りの表情のまま机に向かっている。


部隊は変わってロシアにいる地球軍空母ボナパルトへやって来るファントムペイン。要はここでデストロイを作っていたということなんだろうが、何故ロシアなのやらさっぱり不明。ロシアを灼いて意味がありますか? 連合の考えはよく分からん。
スティングがネオに食って掛かる、ステラの記憶がないためなのだと思うと哀しい。
「いいんだ、君らは知らないことが多すぎるんでな…今更、それも知らなくていいことさ」
ネオの呟きが冷たい空気の中に消えていく。


ジブリールはネオらにユーラシア西部をデストロイにて制圧することを申し渡す。
それを思いながらシャワーを浴びるネオ。マスクを外しても顔は見えない、ただ傷だらけの身体が披露されるのみで。…ええと、そこには目があって然るべき場所だと思うんですけど…何故に肌色べた塗りよ? その「あるはずの」目から流れ落ちるのは、湯か涙か。
涙だと、実は記憶があるムウなんていうことになったりは…しませんよね? ま、少なくともステラを戦場に赴かせることを好きでやっている訳ではない、と理解したい。ええ願望ですともさ。


スカンジナビアのフィヨルドドックに向かう途中のAA。…ええと、クレタからどんなルートを使って移動しているのかお教え願えませんかね。
温泉って…寒いからつけたんですか? じゃあオーブ脱出時にはAAには温泉はなかったと? 脱出してから海の底でつけてたなら本当にAAは莫迦。…いやいくらなんでもそりゃないだろうと。
まあこんなことを言ったミリアリアには当然温泉入るイベントが待っているはずだ(笑)。


カガリはオーブ軍脱走兵達と語らっている。声もすっかり明るくなって、あれだけ大泣きしていた人物と同じとは思いがたい。オーブ兵に力づけられたか。
「私は未だ、そういったものに守られているだけだ、あなた方のことにしても。だが、ならば今はそれに甘えさせてもらい、いつの日かきっと、その恩を返す。未だ間に合うというのなら、お父様のように、常に諦めぬよき為政者となることで!」
漸くカガリが自分の立ち位置を見出したかと思うと、ほっとする。
自分を立たせてくれているものに気づき、何を為すべきか見出し、運命に立ち向かおうとする姿は、尊い。
「私もなるべく早くオーブに戻りたいと思っている、あなた方やクレタで死んでいった者たちのためにも。だから今少し、今少し待って欲しい、そして時が来たら、その時は私に力を! オーブのために、頼む!」
兵に頭を下げるカガリ、そしてそれを期待を込めて見遣るアマギ。
彼らの物語は、AAとはまた違う道を歩んでくれるのかも知れない。
まずは自らの足元を掘れ。


吹雪く海を見ながら、トリィを肩に乗せてぼんやりするキラ。そこへマリューさんがやってくる。
キラ…頼むから、今そういう悩み方をするのはおかしいと気付け。今更考えたってあんたが殺した人は還ってこないんだよ! てか、思考回路をアスラン中心にするのはやめてくれたまえ。アスランと戦うかどうかが問題なわけじゃないだろ?
「大切な人がいるから、世界も愛せるんじゃないかって、私は思うの。きっと皆そうなのよ。だから頑張るの、戦うんでしょ。ただちょっとやり方が、というか思うことが違っちゃうこともあるわ。その誰かがいてこその世界なのにね」
マリューさんの台詞に被る、ムウの散り際。
もう彼女にとって、一番守りたいものはいないのかもしれないと思うと、少し切なかった。…これで姿を変えて生きているなんてことになったら…寧ろ大顰蹙なんじゃないかと。
不可能を可能にする男は、あそこで散った、そうしておく方がマリューさんのためじゃないかと思った。


さて、超巨大MSデストロイにステラが搭乗。
シンと交わした口約束を軽く回想しながらネオはステラに「ステラもこれでまた、戦わないとな。でないと怖いモノが来て、私たちを殺す」と囁く。
戦うことによってしかステラを生かす道はなく。
兵器である限り、死ぬまで生きてはゆけるけれども。


修理中のミネルバに暗号電文が。
「わからないわね、普通に考えれば銃殺だけど、シンのこれまでの功績を考慮してくれれば、それだけは…」
タリアさん、あれだけ反抗的なシンのことをそれでも命は惜しいと思ってやっているのに、その気持ち、シンには伝わらないんですね。
「『エクステンデッドが逃亡の末死亡したことは遺憾であるが、貴艦のこれまでの功績と現在の戦況を鑑み、本件については不問に付す』」。
アーサーが電文を読み上げる声に、議長がにんまり笑いながらチェスの駒をまた一つ進めるのが重なる。駒は白のポーン。
ポーンはミネルバかと思っていたが、実はシンなのか。
てか、ステラはシンが逃がしたのであって、ついでに言うと生きてますから! タリアが事実を歪めて報告したとは思いがたいので、恐らくは議長がこのように事実を歪めたのではないかと。いやそれは、アーサーでなくともびっくりしますがね。
前回でレイは独断で荷担したと主張していたが、それもどうやら怪しくなりましたな。


デストロイ、発進。
Gigantic Unikateral Numerous Dominating Ammunition って…いや、最後のMが無理矢理過ぎますから! どーしてもOSをガンダムにしなきゃならんかったんですか?
ステラが画面を見てにっこりする、そこに「生体CPU、EQ値良好」とアナウンスが流れてきて…、彼女は所詮、兵器に過ぎないのだと思い知らされる。
スティングが「何で俺にはあれくれねえんだよお」とネオに絡む、それにネオが「適性なんだ。ステラの方が効率がいいと、データ上でな」と告げる。
その声が少し苦く聞こえた、様な気がした。

圧倒的な破壊力で都市を壊滅させていくデストロイ。その強さにスティングがビビる。
バビやら何やらが立ち向かうが、蚊か蠅のようにあっさりと捻り潰され叩き落とされ、都市は灰燼と化し。
ステラじゃなくてもデストロイは動かせたかも知れない、だが、結局ステラがデストロイに搭乗し大殺戮を行なうことを、シンは自分の責任と受け止められるのだろうか。
約束が破られた、しかしそれは容易に予想のつく範囲だったといえるだろう。考えれば分かることなのに、若さ故か自己過信故か、シンは考えようとしていない。
祈るしか、ないのか。我々は。


シンは営倉から出されても、何故そのような計らいがなされたかについて考えようともしていない。艦長室に連れてこられてはタリアをすごい視線で睨み付け、アスランに対しては馬鹿にした態度で接し、「司令部にも、俺のこと分かってくれる人はいるみたいです。あなたの言う正しさが全てじゃないって事ですよ」と無意味に増長。
自分の主張が通じたとでも思っているのだろう。周りが必死になっているのが莫迦みたいだ。


デストロイの暴虐に、AAにも「ターミナルからエマージェンシー」が入る。ターミナル…本当に何者なんだ。幅広すぎ。
これを受けてAAが発進。


次回のタイトルは「ステラ」。「求めて振り下ろす、それぞれの剣が救えたものは」…って、何も救えないと?!

うっかり途中送信したあげくに眠ってしまいました。謎の感想(?)を見てしまった人、ごめんなさい。
[PR]
by gil-mendel | 2005-05-21 20:59 | seed-destiny
<< 回避お願い! phase-30「どんな生命で... >>



議長至上主義。黒くて結構!
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
ガンダムSEED DES..
from Refuge
一週遅れなデステニ49話..
from 思うことを述べよ、煩悩を曝そう
GUNDAM SEED ..
from kasumidokiの日記
今日の『最後の力』
from プチおたく日記 vol.2
最後の力
from tune the rainbow
デステニ50話メモ
from 思うことを述べよ、煩悩を曝そう
最後の力
from ジブラルタル
高次可変領域
from 菅野重工業
機動戦士ガンダムSEED..
from 気になるフィギュア & ホビー
『機動戦士ガンダムSEE..
from 【T】 Tsukasa♪'s..
機動戦士ガンダムSEED..
from 木下クラブlog
GUNDAM SEED ..
from kasumidokiの日記
ガンダムSEED DES..
from Refuge
機動戦士ガンダムSEED..
from ~SoSeGu~
種運命第49話
from ピーサード様がみてる
種運命第49話
from ピーサード様がみてる
AA演出における自己感想..
from 虚弱体質な腐女子の日々
PHASE-48 「新世..
from 「舞い降りた剣」
今週のガンダムSEEDデ..
from アフィリエイトで目指すは月収..
GUNDAM SEED ..
from kasumidokiの日記
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧