ちっちゃな種が暮らしいい。

phase-50-2「分かるだろう、お前には。俺は、ラウ・ル・クルーゼだ!」

レジェンドとストライクフリーダムの決戦は続く。両者共にドラグーンの対決となれば決着もつかず。いいねえ、ドラグーン対ドラグーン。この二者の対決が漸く最終話になって見られる、それはよしとしよう。
「何故なんだ、何故こんな!」
キラが叫ぶのは、ラウが生きているはずはないと思うからか。そうだな、その手で殺したのだ。あとは、何故その遺志を継ぐものがいるのかという問い、そして、再現される恐怖。
「ええいっ!!」
レイ……口開けすぎ。何度見てもここでどうしても笑ってしまう。どうやったらフルフェイスのメットを被ったまま、口の下側だけ顎が落ちそうなほど開けるという芸当ができるのか誰か教えてください。
放たれるドラグーン。両者の決着は、未だ着かない。因縁の、対峙。

アカツキとインフィニットジャスティスは真っ直ぐレクイエムへ向かう。あれ? 何でデスティニーが追いついていないのだ??
「えらい数だなあ、こりゃあ。が、数だけいたってねえ!!」
名無し男が蟻でも潰すように、防衛線を突破していく。
そうだ。問題は数ではない。問題は──機体性能と、遺伝子、そして、神の寵愛。何て虚しい物語なのだろう。何故人は、報われないのだろう。
一方AAもゴットフリートをぶっ放していく。そこへ、ミネルバが来襲。
「距離16!」って、そりゃちょっと近いですな。しかしこの間「距離20!」とかを聞いているのでまあたいしたことはありますまい。
タリアさんが、く、という顔をする。今回は本気だな。

ミネルバに戻らず雑魚をぱしぱし落としていたルナマリアは、ジャスティスを発見。無論、同時にアスランもインパルスを発見。
ルナマリアの脳裏に過ぎる、アスランの思い出。ミネルバに勝手にやってきた頃から始まって、ちょっかいかけた様々な記憶が。さらにそこにメイリンを思い出す。
「でも、何であなたがメイリンを……!」
すみません、その後に続くべき言葉は「連れて行った」とか「たぶらかした」とかなんですかね?
「よくもメイリンを!」
いやそんなこと言われても、あれは単なるモノの弾みって奴ですから。行きがかり上ついつい、女難フラグ大量に立てはしたものの、君を連れて行く訳にはいかなかったもので。つうかメイリンが勝手について来たって言っちゃ駄目ですか? まあルナの立場からしたらそうは見えないんでしょうが。
インパルスの砲撃を当然シールドで防ぐアスラン。力の差は歴然、といったところか。
「やめろルナマリア! お前も!」
「逃げるな!」
逃げてくれるだけましだと思ったほうがいいかもな。本気でぶつかったらあなた死にますよ。
「邪魔をするな! 君を討ちたく等ない!」
…………アスランって本物の馬鹿だと思うのはこんなときだ。ルナマリアがどういう性格か、上官だったくせに全く分かっちゃいない。侮られたと思えばルナは激昂し、普段以上の力を発揮する人だ。その辺り、レイの操縦術とか少々参考にしたほうがいいんじゃないかと思う。
「何をぉっ!?」
しかし彼我の差は埋めがたく、ルナにダメージ。そこへシンが助けに来る。いや遅いって。先刻はジャスティスのすぐ後ろくらいを追い縋ってたんじゃなかったのか?
「こんのぉー、裏切り者がぁーーっ!!」
シンの言葉はレイに規定されている。アスランを裏切り者だと呼ぶのは、それはシン自身の言葉ではなく、レイの言葉だ。だからその言葉は、あくまでも借り物で、シンの一番深くには根ざしていない。だがそれを使わなくては、シンは行動できないのだ。
「シン!」
アスランは自分の育てるべきだった部下の名を呼ぶ。どうして分かってくれないのだと言いたげに。しかし彼は、自分がいかに分からせようとしなかったかを、問わない。
「大丈夫か、ルナ!」
「シン!」
デスティニーが羽根を開く。飛べない翼。
「あんたって人はぁーーーーーっ!!!!」
シンが本当に言いたくて、本当にシンの言葉であるのは、寧ろこちらだ。ずっとシンはそう言ってきたのに、アスランの心には正しく響くことはなかったけれども。
「よくもルナを、ルナをやったなあっ!?」
シンの怒りの種が割れ、ジャスティスを地へ落とすばかりに。
ルナは二人の名を呼ぶ。……何ていうか、もう彼らは兄弟喧嘩しているようにしかみえない。ある意味ほのぼのしていさえする。

そんな痴話喧嘩の戦場とは別な場所で、レイとキラは激突を繰り返していた。最中のレイが、妙に幼く見えたりする。
「誰だ、誰なんだ!」
……キラよ、そんなこと問うても無駄だと思うんですが。つうか知って意味がありますか?
彼ら二人の能力はある意味怖い。明らかに通信回線を開かずしてお互いの顔を見、お互いの心を聞き取るのだから。
ついにキラは相手が誰か知りたいという一念で、こちらを睨み付けるレジェンドの搭乗者の顔を知る。少年。ラウ・ル・クルーゼではなく。
「君は!」
「……分かるだろう、お前には。俺は、ラウ・ル・クルーゼだ!!」
「!」
キラが怯んだ隙に、レイは集中攻撃を喰らわせ、そのいくつかは微かにヒット。
レイにもキラの声が聞こえ、顔が見えているのだろう。だから会話が成り立っているのだが……何者だ君らは。
「人の夢、人の未来、その素晴らしき結果、キラ・ヤマト!」
……そうだな、キラもまた、結果の子だ。レイ同様に。素晴らしい結果か、その踏み台かという違いはあれど。
怯んだところへ集中砲火を浴びせるも、防がれる。さらにその上に言葉を重ねるレイ。
「ならばお前も、今度こそ消えなくてはならない!」
死人の名を名乗られて、キラは明らかにトラウマに入る。もともと前大戦の後半分死んだようだったのは、そのトラウマがあったからだろう。
メンデルで相対したラウを思い出す。仮面を着けた男。
「俺たちと一緒に──生まれ変わるこの世界のために!!!!」
レイが何を為そうとしていたのか、はっきりしたと思う。「お前『も』『今度こそ』消えなくてはならない」、つまりは自分もラウもキラも、同じ人間の業として、次の世界にいてはならぬものとして、消えねばならないとレイは言うのだ。
議長が創る、新しい世界に、元からレイは生きるつもりなどないのだ。自分が何かを知っているから。

ふと、レイが回想する。
何故かアカデミーの赤服を着たレイが、まだ議長になっていないデュランダルへ問う。
「ねえ、ラウは?」
明らかに時空がおかしい。まさかアカデミー卒業時までラウの生死を隠しておけた訳もあるまい。だが議長の回想も時空がばらばらなことを思えば、仕方ないのか?
にしても、レイの声が妙に幼い。多分、こちらがレイとしての素、なのだろう。
「ラウは、もういないんだ」
背を向けたまま、デュランダルが答える。そして、振り返りながら。
「だが、君も、ラウだ」
「は?」
何を言っているのだろう、と不可思議な顔をする幼げなレイに、ポケットから例の薬を出して渡すデュランダル。
「それが、君の運命なんだよ」

いくら考えてもこの回想がよく分からない。レイが薬を貰ったのはもっと幼い、それこそ7歳くらいの頃だったはず。あのとき、デュランダルから薬を渡されて泣いていたのは、自分の運命を知ったからではなかったのか?
まあ勿論、今回は象徴としてラウの薬を手渡したのだという考え方も成り立たなくはない。それまではラウとレイが同一の遺伝子だと語っていなかった、のだとしたら。ということは、レイの立場からすると、自分と同じ薬をラウが持っていたと、このときになって知らされたことになるのか。まあ、そうでなければあの年齢よりもさらに幼げな表情はあるまい。とすると、レイのやたら大人びた人格が形成されたのは、ラウ死亡後ということになるのか。あり得ないとは言わないが。
だがそうだとしても、時空がおかしい。百歩譲ってアカデミー入学前くらいにしておいてくれるなら、意味不明な部分も調整つけられるような気がするのだが……どうだろう。
いつからレイは、自分もラウもキラも消えねばならない存在だと思うようになったのか。ラウ死亡後、その死の意味を考えていたのか。議長が描く世界の露払いとして消えようと思うようになったのはいつなのか。……まだそのあたりについては分からない。矛盾しない回答がうまく見出せない。

さて、一方シンとアスランは兄弟喧嘩を続けている。アスランに本気でシンを殺すつもりがないのだから、そうとしかとれまい。
シンは種割れするが、迷いを吹っ切り赤い機体に乗ったアスランには全く敵わず、ソードを叩き斬られてしまう。息を呑むシン、そしてルナマリア。

レイとキラに戻ると、どうもキラはレイの回想部分まで見えてしまったかのようで、恐怖に眼を見開いている。
「そんな、何故君が! 何故君がまた!!」
キラはレイとラウを同一視することから抜け出せない。そうでなくては「また」などと言えない。どう考えても明らかに別の人物であるのに、恐怖のあまり亡霊がそこに現れたかのように感じてしまうらしい。
「逃れられないもの、それが自分」
議長の声、恐らくはレイの回想。そこにオーバーラップする、研究所で若い議長から薬を渡される7歳くらいのレイ。幼く、従順な。自分、というか遺伝子というものから逃れられないことを知ったレイ。
そしてアレックスと名乗っていた頃のアスラン。彼も自分というものから逃れようとしていたのだった。
オーブの慰霊碑の前で立ち尽くし、悔し涙に暮れるシン。
再びフリーダムに乗ることを決意したときのキラ。戦士であることから逃れられなかったキラ。
カガリ。オーブを背負わなければならなかった少女。
撃たれたミーア。影武者として、始めからこうなると定められていた少女。
「そして取り戻せないもの、それが過去だ!」
声はレイ自身の声へ。レイが自分で得た答えなのだろう。
幼いレイはデュランダルの手から薬を受け取り、その運命に泣く。けれども次には、彼はデュランダルの傍からピアノへ嬉しそうに駆け寄り、微笑んで弾いている。どちらの時間がより早いのかは分かりにくいが、同時期のことと考えてもよさそうだ。
取り戻せないものは、辛い思い出も優しい思い出も、同じように流れているのかもしれない。
「だからもう終わらせる、全てを!!」
殺戮されるコーディネイター、血のバレンタイン、オーブ陥落。人類の負の歴史。
「そしてあるべき正しき姿へと戻るんだ!」
最初のコーディネイター、ジョージ・グレン。人工子宮を開発する研究者たち。人は人の命を手段にし、歪めてきた。
「人は! 世界は!」
憤りと激情を、レイはぶちまける。それを遠く、メサイアから注視している議長。
レイがこんなに激昂したのを、初めて見た気がする。今までは、例えばアスランを追うときも、計算されつくした「怒り」だった。感情に走らない人が感情に走るとき、それは殆ど、敗北へと繋がる。
それほど、許しがたい存在だったのだろう。踏み台にした者への、踏み台にされた者の怒りとだけ言うのでは足りない。存在そのものがあってはならない、自分と同じく存在してはならないモノ。自分と同じく、新しい世界を歪める者。だからともに、消えねばならないのだと。
レイはずっと、死へ向かって疾走していたのかもしれない。新世界建設という名の死へ。
一緒に死ぬんだと言われたキラは、反論する。
「でも違う!」
キラに撃ち抜かれる、レジェンドのドラグーン。レイは一瞬怯むが、新たなドラグーンを差し向ける、しかしそれも撃ち抜かれてしまう。
「命は、何にだってひとつだ!」
思わぬことを聞いたように、レイが硬直する。確かに、先刻まで自分とラウがイコールだと認めていた敵から、やっぱり違うといわれると驚きもするだろうが。だが、多分意味合いとしては、『君も、ラウだ』と言った議長の言葉に対するものとして、『俺は、ラウ・ル・クルーゼだ』という名乗りに対するものとして、聞き取ったのだろう。
「だからその命は君だ! 彼じゃないっ!!」
「ぁ……」
キラがどういうつもりでそう言ったにせよ、実は自分こそが亡霊に囚われているのを否定したくて言ったにせよ、その台詞はレイの弱い部分を衝いてしまった。いや、恐らくはレイ自身が心の隅で思っていたことだからこそ、図星を衝かれたというべきなのだろう。そうでなくては、そんな短い曖昧な言葉で虚に墜ちる理由がない。
心の底で、納得などいっていなかったのだろう。議長の描く世界を理性では理解し、賞賛し、それしか望む世界はないと考えていたとしても、奥深くの感情の部分で、違う、と叫ぶ思いが伏流水のように存在していたのだろうと思う。激情に駆られていただけに、言葉が感情の深い部分に届きやすかったというのもあるのだろう。
……だが、こんな状況で、こんな土壇場でそんな想いに気付かされるとは、レイがあまりに哀れだ。そんなことに気付くのは、もっと早く、せめてシンたちとの温かい時間の中であってほしかった。こんな段階では、もう、できることが少なすぎる。
身動きできなくなってしまったレジェンドを、キラはフルバーストで斃す。
レイの絶叫が、……耳に、残った。


駆け足でAパートを追ってきました。Bパートは、やはり私にとってかなり辛いので、もう少し先になると思います。また、Aパートについても後日追記する予定です。
[PR]
# by gil-mendel | 2006-11-19 22:27 | seed-destiny

phase-50-1「そうさ、終わらせる──今度こそ、全てを!」

種運命50話の感想を、漸く書き始めることができました。final plusではなく、通常の50話についてです。丁度関西地区では今日未明に全50話の再放送が終わりました。
未だ、観る度に心臓が止まりそうになるのを覚えます。
それでも、私にとって一つのけじめをつけておきたいと思うのです。もうあれから1年以上が経過しているのに、未だ嘆き続ける心臓は終わらない、変わりません。だからこそ、書いておきたい。
しっかし種運命関係の文字を打つのが久し振りすぎて、あらゆる文字変換に多大な時間を要します。思えば遠くへ来たものだ。
今回はものすごく無駄に長いです。覚悟してください。まずはアバンから。


アバンはメサイアに向かうAA、それを迎え撃つ議長側。議長の表情が思ったよりも厳しいのは、戦況の厳しさを理解しているからか。
一方オーブに残ったカガリ。こちらはさらに無言で唇を噛み締める。

アスランがキラに声をかける、そこへレイのレジェンドが軽く一発脅しつける。
キラは自分が食い止めるので先にレクイエムを落とすようにと提案。提案しながら軽くシンを一蹴、デスティニーは被弾。……ああそうですかそうですか。
マリューさんは「でも、それではエターナルが!」と主張。彼女の主張には根本的におかしなところがありますな。
ラクスが「この艦よりもオーブです」と非常に当たり前のことを言うのがおかしい。だってエターナルはAA同様不沈艦ですから! 実際に沈む危機に直面し、かつ沈むのならその言葉にも価値があるがな! ほら、また名無し男が変なシールド張ってる。この力を他へ振り向けるなら信じてやってもいいですよ、その言葉。

イザークらはステーションワンを落とした後、やや迷う。だが、ディアッカの「どーすんの、イザーク」に「エターナルを援護する! ザフトの艦だ、あれは!」と意味不明な理由を付けてさらに明白な裏切り行為へ。
いや、そんなこと言ったらメサイアだってザフトの要塞だろうが。もううんざりだよ君たちには。頼むから視界に入らないところへ消えてくれたまえ。

AAとインフィニットジャスティスがレクイエムへ向かったのをレイが発見。
「行かせるか! ミネルバは何をやっている!」
いやそう言われても、ミネルバにもできることとできないことがありますから。
後を追おうとしたレジェンドをフリーダムが撃つ、それを例のキュピーンで避けるレイ。空間認識能力とは便利なものだな。
レイの様子を見てデスティニーが飛来するが、種割れしたキラと砲撃で牽制しあうのみ。そこへレジェンドが割って入る。
「シン、お前はミネルバと共に、アスランとAAを追え」
「えっ?」
そりゃレイ、シンじゃなくても驚くよ。
レイのこの時点の判断は、明白に間違いであったと思う。
シンはアスランに対して、フリーダムを討つよりも遥かなトラウマがある。以前はレイが傍で説得したから討てたものの、明らかに単身では落とせまい。アスランを討つのは、レイが行うべきだったろう。
フリーダムへのレイの怒りは尤もだが、実戦上はフリーダムにシンを当てるほうが無難だったと思われる。そうすれば或いは戦況は変わったかもしれない。結末も、無論。
滅多に感情に囚われることのないレイ、それが怒りに判断を誤ったことが、大きな敗因だったのだ。
「フリーダムは……、俺が討つ!」
レイの脳裏を過ぎる面影。ギルバートに会うために自分の手を引いていたラウ。幼い自分の目線までしゃがみこんで、頭を撫でてくれたラウ。
ラウがこんなに優しい人だったのだと、この物語は言った。そこに小さな救いを、見出す。
「……レイ」
「お前はジャスティスを。今度こそあいつを討つんだ。そして全てを終わらせろ」
「ああ、分かった!」
シンは自分のトラウマへと向かって去っていく。
それを見送ったキラは、レジェンドのドラグーンの集中砲火から身をかわしながら、その向こうに何故かラウを感じる。……どうして、ラウだと思うのだろう。遺伝子が同じなら同じだと、言っているに等しいのはお前ではないか、キラ。
ラウとの戦闘を思い起こすキラ。それはキラにとってのトラウマでもあって。
「これは、どういうことなんだ!」
だがラウの気配の向こうに、怒りに身を固めたレイを見出す。……レイ、明らかにあなたの左眼は髪の毛で塞がれてますけど。戦闘時くらいよけといたらどうですか。いくら空間認識能力に頼っているからって、視界は確保しておくべきだと思いますがね。
「君は!」
一方、アスランを追うシンは葛藤を押さえ込もうとして必死。それぞれがそれぞれのトラウマと戦おうとしているのだ。
そこへレイの声が被る。
「そうさ、終わらせる───今度こそ、全てを!!!」
怒りに満ちた、宣言。
そして、レジェンドとフリーダムが激突し、アバンが終了。


終わらせること、をレイは目標にしてきたのだと思う。
あらゆる悲しみを終わらせる、あらゆる戦いを終わらせる、そのためになら自分の命など百度焼いても恐れない、と。
あらゆるトラウマを終わらせる、あらゆる嘆きを終わらせる、あらゆる憧れを終わらせる、あらゆる絶望を終わらせる、あらゆる希望を終わらせる、あらゆる痛みを終わらせる。
それが自分の為すべきことだと信じて。人類の業の産物として生み出された、人間の欲を満たすためだけに造られた、自分という存在の為すべきことだと信じて。
けれど、今思う、それらは全て、人の歩まねばならない過程なのだ。それらの根本から存在しない世界は、痛みもしない代わりに、昨日も明日もない世界なのだ。……多分、レイが最期に辿り着いてしまった結論は、そういうことなのだろう。
私は痛みの積極的な甘受を主張しているのではない。人類の愚かさなどもう十二分に味わった。人が人を手段とする世界。紛争は止まず、核には核をと喚く世界。いっそ滅んでしまえばいい、としたラウの気持ちがよく分かる。私には破壊でなく建設の道を歩むことなどできそうもない。
痛みをなかったことにすることはできないのだと、この物語は呟く。
それらを潜り抜け、迷いながらも、傷つきながらも、人は歩んでいくのだと。
けれどもそこでは、その過程で命を落とし、また虐げられる者の痛みは軽んじられる。
だからレイは、最期混乱の中で死ぬしかないのだ。自分の光を、すなわち自分自身を己の手で撃って。虐げられた者の、贖いの子羊として、神を撃って、屠られる。

……アバンからこの調子では、あとどれくらい紙幅が必要となることやら。
まあぼちぼち行きます。今日中に書き上げられるかは非常に微妙。
[PR]
# by gil-mendel | 2006-11-19 17:47 | seed-destiny

絶対無謬の正義でもなく、無欠の自由でもなく、永遠の平和でもなく、ただ、明日を。

長い間ご無沙汰してすみません。最終回について漸く少し触れられるような気がします。
以前のような詳細なツッコミはする必要もないと思うので省きます。いやもう突っ込みたいことだらけですけど。

最終回を受け容れるためには、個人的に長い時間が必要でした。
今でもこの物語の視点について、(細かいツッコミはおいておくにしても)相容れると思っているわけではありません。
キラ・ヤマトとラクス・クラインがどこまでも是とされる世界、その世界に私はやはり相容れない。
けれども、結局、議長を撃って物語の決着をつけるのはレイしかいないのだというところにおいて、最終回のあり方も仕方ないのかと考える次第です。
議長とタリア、レイを置いて逃げ去るキラとアスランは、彼らの本質的な卑怯さを実は明白にしていましたし、所詮そのような彼らでしかない。彼らには人の痛みなど何もわからない。それでもう結構です。彼らにレイは明日を託さなかったのだから。ただこれ以上の「明日」を殺したくなかった、ただそれだけ。

オーブが世界を救える、そんな幻想は抱かない。
キラとラクスが世界を救う、そんな夢想は反吐が出る。
「また花を植える」、そんな超越者の視点など要らない。
自分で吹き飛ばしておいて自分で再び花を植える、無論同じ花などないのに、まるでその努力が何か尊いものであるかのような正当化は要らない。

明日を。
ただそれだけの言葉で、充分だったと思うのです。
人が鮮烈に生き、駆け抜け、慟哭しつつ去る物語には。
[PR]
# by gil-mendel | 2006-07-15 23:00 | seed-destiny

…よしてくれ。

大変申し訳ございませんが、当ブログはまだ追悼モードに入ったままです。種運命最終話の感想を書けるだけの体力が未だ快復していません。
正直、アニメでこんなにダメージが大きいとは思っても見ませんでした。
議長の死もレイの死も充分想定内事項だったのですが、未だに、思い返そうとするだけで心臓が痛みます。
普段通りツッコミ入れながら最終話感想を書けるのは、どうもまだまだ先のようです。申し訳ありません。
これが運命だったのですかね…? フ、よしてくれ。


種運命が終わってしまったので気晴らしにBLOOD+を見てみましたが、多分私向きではないようです。…全く受け付けませんでした。何故だろう。
エウレカには萌えませんが脚本に苛立つということはないので、安心して見ていられます。しかし感想を書くことはないでしょう(多分)。
このままファフナーのright of leftを待ちつつ、マルドゥック・スクランブルの映像化を期待していようかと思います。…私には、U氏の救いのある緻密で有機的な脚本が恋しくてなりません。これだけ痛めつけられれば救いも欲しくなるというものです。
例えばスピナーが球を投げる、その行為それだけで感動の涙が溢れる、そういう脚本に私は会いたい。
[PR]
# by gil-mendel | 2005-10-10 20:43 | daily

生きられるのなら、生きたいだろう。

種運命最終話感想、日曜中にupできるかと思っていましたが、流石に本編の破壊力は大きく、目処がつきそうにありません。
大体私の通常の感想というやつが無駄に長すぎるだけなんですが…。
今週は私事も忙しい予定なので、何曜日頃という目処も立ちにくく、申し訳ありません。本編を消化しきるのに、私には未だ時間が必要なようです。今週中にはupできると思うのですが…。



なので、以下はごく簡単な溜息だけ。



……生きろ。
生きてくれ。
死を選ぶことに、どんな救いがあると?
死が何の解決になると? 死がどんな言い訳になると?
……ああ、だけれども、人間には臨界点というものがあるのかも知れない。
最初から、死ぬことだけを目指して描かれた人など、辛すぎる。
[PR]
# by gil-mendel | 2005-10-02 21:03 | seed-destiny



議長至上主義。黒くて結構!
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
ガンダムSEED DES..
from Refuge
一週遅れなデステニ49話..
from 思うことを述べよ、煩悩を曝そう
GUNDAM SEED ..
from kasumidokiの日記
今日の『最後の力』
from プチおたく日記 vol.2
最後の力
from tune the rainbow
デステニ50話メモ
from 思うことを述べよ、煩悩を曝そう
最後の力
from ジブラルタル
高次可変領域
from 菅野重工業
機動戦士ガンダムSEED..
from 気になるフィギュア & ホビー
『機動戦士ガンダムSEE..
from 【T】 Tsukasa♪'s..
機動戦士ガンダムSEED..
from 木下クラブlog
GUNDAM SEED ..
from kasumidokiの日記
ガンダムSEED DES..
from Refuge
機動戦士ガンダムSEED..
from ~SoSeGu~
種運命第49話
from ピーサード様がみてる
種運命第49話
from ピーサード様がみてる
AA演出における自己感想..
from 虚弱体質な腐女子の日々
PHASE-48 「新世..
from 「舞い降りた剣」
今週のガンダムSEEDデ..
from アフィリエイトで目指すは月収..
GUNDAM SEED ..
from kasumidokiの日記
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧